40代のおひとりさまがエンディングノートを書く理由【Yahoo!知恵袋付】

40代のおひとりさまがエンディングノートを書く理由【Yahoo!知恵袋付】
PVアクセスランキング にほんブログ村

エンディングノート 40代

40代にもなると今後の人生設計などについて考えることが多くなりますよね。

子供の成長を考えた人生設計

夫婦だけの人生設計

考えた先に見えたのが終活でした。

40代で終活は早いと思っていませんか?
じつは、ぜんぜん早くないですよ。
終活はいくつから考え始めても良いものです。

一度書いたら終わり、ではないので、定期的にその内容を見直し、新たな人生設計を書き加えることもできます。
40代が考える人生設計についてご紹介していきます。

こんにちわ終活ガイドの宮崎です。

このブログでは、終活ガイドとしての私が、みなさんと学びながら、知識や情報を共有していきます。

「終活ガイド」とは、一般社団法人終活協議会が認定する専門資格です。終活に必要な知識と情報を身に付けることで、終活の専門家として地域の相談や困りごとに対応できるようになります。

Twitterではタイムリなーな情報もお知らせています。
https://twitter.com/BlogShukatsu

エンディングノートを書き始めるタイミングってあるの?

終活は年配になってから考えるもの。
エンディングノートはそれと合わせて考えるものなので、年配になったら作るのが一番だと思われているかもしれません。
しかし、終活について考えることと、エンディングノートを作成することに、年齢的な関係ありません。

もちろん、年齢を追うごとに書く内容は変わってきます。
子供の成長、親の死、自分の健康。
さまざまな環境が変わっていくでしょう。
しかし、「書き始めた時からの人生について見つめ直す」ことが終活なので、20代ならば20代なりの、70代であれば70代の終活があるはずです。
ひとりひとり、その人によっても終活は違うので「終活について考えようと思った時が終活ノートを作るベストタイミング」であると言えます。

40代で書くエンディングノートとは?

私は40代です。
人生の半分近く生きたことになります。
もう若くもないなぁなどと思ってみたり、まだまだ人生長いなと思ってみたり、中途半端な年代だと感じます。
子育ても折り返し地点といったところですし、結婚生活も始まったばかり(なのですかね?)、ちょうど疲れも見えてくる時期だと自分では思っています。
このような時に自分の人生について考え直すことはとても良いのかもしれないなと思います。
終活、と考えてしまうとちょっと難しく感じてしまうのですが、これからの目標について考えることにすると気が楽になるかもしれません。
終活は、自分の死んだあとのことではなく、将来の目標を考えることに重きを置くことにしましょう。

40代は、親についても考える終活

40代の終活で切っても切れないのが、親の存在です。
自分の親、配偶者の親、まだまだ元気な親がいる方には、自分の老後や死後よりも親の老後や死後が先に来ることになります。
もちろん、親よりも先に自分が亡くなってしまう事だってあるわけなので、親を残して先に亡くなってしまう場合のことも考えることが必要です。
40代であれば子供も小さいですし、子供と親の問題が重くのしかかってくるので、他の年代よりも現実的なことを考える必要がありそうですね。
そう考えていくと40代って大変だなと改めて思いますが、楽しいこともたくさんあるので、頑張っていきましょうね。

40代の私が書くエンディングノート

参考になるか分かりませんが、私が終活ノートを作成するときにぜひ残しておきたいことなどをご紹介します。

  • 夫、子供へ
  • 実の両親へ
  • 義理の両親と夫の兄弟
  • 親友
  • 学校など

まず夫と子供にこれからの生活についての細かいことを伝えます。
家事も育児も良くしてくれる夫と手伝いなどもする子供達ですが、重要なことはきちんと伝えないといけません。
自分の家族よりも心配なのが実の両親です。
こちらについては細かくいろいろなことを伝えます。
自分が先に亡くなったら一番困ると思うので、亡くならないように頑張ります。
義理の両親に関しては主人がいるので問題ないでしょうけど、子供達をお願いするはずなので感謝の気持ちを伝えます。
親友にも気持ちは伝えたいですね。
そして学校など。
ここは物凄く心配です。
学校が変わってしまうかもしれないし、このまま通うことができるかもしれませんが、子供達の気持ちに寄り添ってくれる場所になるでしょうから、学校へはお願いをたくさんしてしまうでしょう。
他にもたくさん伝えたいことはありますし、今後の目標を立ててみるにはちょうど良いタイミングです。
きっと物凄いページになりそうなエンディングノートですが、40代を見つめ直すきっかけになるでしょう。

40代のエンディングノートは、人生のイベントごとに見直しをしてみよう

40代で見つめ直したエンディングノート、このままずっと同じままではいけません。
書き留めたエンディングノートどおりに実行できることなどありませんし、状況は常に変化をしているはずでしょう。
親が亡くなったり、子供が独立したり、もしかしたら夫などが先に旅立ってしまう事もありえます。
このようなイベントが起きた時に、一度立ち止まり終活ノートを見直してみると良いでしょう。
エンディングノートのようにいかなかったことを反省するのも良いでしょう。
エンディングノートを見つめ直すことにより、誰かの死を経験して落ち込んでいたとしても、落ち着くことができるでしょう。
また自らの次のステージに向けて頑張ろうと思えるはずです。
40代の終活、始めるタイミングとしては一番良いのかもしれませんよ。

40代のエンディングノート

40代での終活始め、私の場合ですがご紹介しました。
見つめ直しに使いたいと言いながら、自分の死後に残された人のことばかりを考えてしまいました。
参考になると良いのですが、終活への考え方は人それぞれなので、あなたに合う終活の準備をしてみるきっかけになればいいなと思います。
40代、仕事も家庭も忙しくなる年代だと改めて感じました。
さぁ、エンディングノートを書いてみましょう。

40代おひとりさまもエンディングノートを書くのがいいの?

40代のわたしも、年令を重ねるうちにおひとりさまになる可能性もあります。
これは、だれでも可能性があるものです。
年令を重ねて変わっていく環境に合わせて書いていくのが、エンディングノートです。
ぜひ臆することなく、今の自分を棚卸ししてみましょう。

【参考】Yahoo!知恵袋投稿

終活について – 47歳女性です。離婚して子供なし一人暮らし。もう再婚は諦めています。友達は並み以上に居るとよく言われます。両親… – Yahoo!知恵袋

終活について 47歳女性です。 離婚して子供なし一人暮らし。 もう再婚は諦めています。 友達は並み以上に居るとよく言われます。 両親とは絶縁状態です。 最近、終活を始めようと思い始めました。 離婚の際に家具や食器等かなり減らしました。 服は離婚のストレスで5ヶ月で14キロ落ちてブラブカになってしまったので、収納ケース3個分友達にあげました。 今悩んでいるのが、好きなアーティストの会報やグッズのことです。 引っ越しして飾るところもなく段ボールにいれっぱなしです。 なので、そのアーティストが好きな友人に譲ろうかと思ってます。 友人には子供もいてそのアーティストも好きですし。 そんなことを考えるのは早すぎでしょうか。

もうすこし、エンディングノートのこと、学んでみませんか?


終活ガイド認定証
このブログは、終活ガイドを取得したオトカツが、みなさんと一緒にブラッシュアップするためのものです。


画像をクリック! ランキングに点数が入り、筆者が大喜びします。よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ