終活カウンセラー資格とは? シニアの困りごと案内人です

終活カウンセラー資格とは? シニアの困りごと案内人です
PVアクセスランキング にほんブログ村

終活カウンセラー資格とは 0080

こんにちわ終活ガイドのオトカツです。
終活ガイドとして、私も学びながら、みなさんと知識や情報を共有していきます。

「終活ガイド」とは、一般社団法人終活協議会が認定する専門資格です。終活に必要な知識と情報を身に付けることで、終活の専門家として地域の相談や困りごとに対応できるようになります。

宮崎真一
宮崎真一

近年ブームとなっている終活。
それに相まって保険会社や銀行、司法書士事務所などへの相談、問い合わせが増加しているようです。
それだけ盛んになってきている終活業界。
終活に携わるスキルある人材の需要も高まっています。
そこで今回は終活に携わる資格、「終活カウンセラー」について紹介していきます。

終活カウンセラーとは どんな資格?

終活カウンセラーを一言で表すとシニアの困りごと案内人です。
実際に手続きや実務的なことをする資格ではなく、終活の全体像を把握しており終活をする人の手助けをします。
終活をしたいけどどうすれば良いかわからない方に具体的にやることを提示したり、悩みを解決できる方法・人を提示したりというレールを引いてあげるような役割です。
その中にはエンディングノートの記入の助言役や、司法書士などの専門家の紹介などの窓口的な役割があります。

資格としては

  • 2級 ⇒自分の終活ができるくらい、友人家族の質問に答えられる
  • 1級 ⇒他の方の終活に対応できる、寄り添える知識
  • 協会認定終活講師 ⇒終活の正しい理解と教える力を身につける
    合格後、終活カウンセラー協会認定講師として認定される

と段階的にできることが分けられています。

終活カウンセラー資格とは ?活用方法を紹介します

ここでは1級を取得した場合について説明しましょう。
まず終活カウンセラーの資格単体での活用です。

  • 他者のエンディングノートを記入するサポート・講師
  • 司法書士や保険業、金融業等の専門家への紹介

これは冒頭でも述べていることですね。
これを仕事として「講師料」や「補助料」、「紹介料」といった形で収入を得ることができます。

しかし実際には終活カウンセラーの資格1つで開業という方はかなり少なく、他の資格・職業との組み合わせでスキルアップとして活用しているケースが多いようです。

葬祭業の方の活かし方
葬儀は、宗教観や死生観によって人それぞれ異なりますので、依頼者の希望になるべく沿った形であげられるようにお手伝いする必要があります。
そのため、まずはじめに相談者の葬儀に関する漠然としたイメージをエンディングノートに書くなどして、現実化させることが有効な場合があります。
この時に、終活カウンセラーを取得していると、葬儀だけでなく幅広い相談にのることができます。石材業の方の活かし方近年、さまざまな供養形態が出てきており、どんなお墓を建てるべきかわからないという方が多くなっています。
こんな時、終活カウンセラー資格があれば、相談者にどのようなニーズがあるのかを踏まえて、的確なアドバイスがしやすくなります。

保険業の方の活かし方
最期を迎える時の葬儀や建墓の費用、相続税などについて、家族に迷惑をかけたくないという方は少なくありませんよね。
その解決策の一つが保険です。
終活カウンセラーの資格があれば、葬儀や建墓に必要な費用はいくらなのか、どのタイミングで保険料を受け取れるのかなどの疑問を解消しながら、加入者の立場に立った保険の提案をすることができます。
近年では、保険金を葬儀費用として使用する目的の死亡時生命保険なども登場しているため、終活に関する深い知識があることで加入者との信頼関係を築きやすくなりますね。

金融機関の方の活かし方
本人だけが知っている口座や不動産がないかを整理し、資産を集約することは終活の大事な作業の一つです。
また誰に相続をするかなどのアドバイスや提案をすることで、お金にまつわるトラブルを回避することができます。
遺言代用信託という商品は遺言書を残すほどではないという人のニーズに答えるために生まれました。
終活の知識を深めることで、顧客の高齢化への対応と幅広い提案が可能になります。

士業の方の活かし方
弁護士、司法書士、行政書士、税理士などは終活に関わる代表的な士業です。
遺産相続に関わることが多いですが、終活全体の流れの知識があることで遺産相続以外の課題に対しての提案ができるようになり、相談者からの信頼を得やすくなるメリットがあります。
また資格を持っていることで遺産相続をメインにしている同業者との差別化にもつながります。

終活カウンセラー協会HP

以上のように他の職業・資格と組み合わせることでスキルアップとなり専門性が大いに増すことになります。

終活カウンセラー資格 を取得するには

終活カウンセラーの資格の取得方法を説明しましょう。
この終活カウンセラーの講義・試験は終活カウンセラー協会自身が行うものになっており、講義を受けてから試験を受ける、という形式になります。

終活カウンセラー2級

2級は1日のうちに講義と試験が行われます。
会場で講義・試験を受ける他に、オンライン講義・在宅試験というのも可能です。
受講料は15,000円です。

終活カウンセラー1級

1級も会場受験とオンライン受験が選択できます。
しかし1級は2日間になり、受講料も50,000円となっています。
さらに受験資格として

  • 2級に合格しており、協会の会員になっていること
  • 協会主催の勉強会に年1回以上参加している、参加予定である

という項目もクリアしなければなりません。
1級受講料も、事前審査3,000円、オンラインコース受講料50,000円。
ちょっとお高いですかね?
しかし、そこは考え方です。
値段の壁はあるものの、それだけ資格取得者の数は少ないわけで、そのぶん資格の価値が高まっています。
上記の業界のお仕事と組み合わせると、より効果的な資格になるでしょう。

終活カウンセラー資格とは まとめ

終活カウンセラーについて、まとめてみました。
いかがだったでしょうか?
終活カウンセラーという資格を取得することで、身近な人の手助けになるのはもちろん、自分のスキルアップにもなりますね。
他職業・他資格との組み合わせで、その職業の中で終活についての専門性をグンと上げてくれる効果を持ちます。
今需要が高まっている業界で専門性が高い人材になれるのはとても魅力的なことです。
是非キャリアアップの1つの道として候補に入れてみてください。


終活ガイド認定証
このブログは、終活ガイドを取得したオトカツが、みなさんと一緒にブラッシュアップするためのものです。


画像をクリック! ランキングに点数が入り、筆者が大喜びします。よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ