「終活ねっと」ってどんな会社 ?会社概要を調べてた

「終活ねっと」ってどんな会社 ?会社概要を調べてた
PVアクセスランキング にほんブログ村

終活ねっと 会社概要 0038

終活ねっと、と聞くより DMMどっとーこむ♪ から始まるCMが印象に強いかもしれません。
終活ねっとのトップページを見てみると、昭和歌謡が中心のグループ「純烈」がイメージキャラクターなんですね。
終活を考える世代と、純烈のファン層がうまくマッチしていますね。

こんにちわ終活ガイドのオトカツです。
終活ガイドとして、私も学びながら、みなさんと知識や情報を共有していきます。

「終活ガイド」とは、一般社団法人終活協議会が認定する専門資格です。終活に必要な知識と情報を身に付けることで、終活の専門家として地域の相談や困りごとに対応できるようになります。

宮崎真一
宮崎真一

終活ねっとは、株式会社DMM.comグループで葬儀などについての情報ポータルサイトを運営している会社です。
正直なところ、この会社のポータルサイト・サービス内容を始めて見た時、とても驚きました。
ネットで、こんなプランで、こんな価格で、こんな葬儀の手配ができるのか...
今まで見たことも考えたこともないような葬儀の手配です。
この記事ではこの「終活ねっと」について説明していきます。

「終活ねっと」ってどんな会社? 

まずは会社概要をみてみましょう。

葬儀やお墓、相続などの人生の終末期に必要な情報を展開するサイトを運営している会社です。
そしてそれを支えるのが、「合同会社DMM.com」の100%子会社であるということです。
この会社のサービスは「DMMのお葬式」というキャッチフレーズで特に葬儀・お墓の手配に独特で強みのあるサービスを展開しています。

「終活ねっと」を利用するメリットは?

①サイトからお葬式のプランと費用が確認できます。

お葬式の一般的なプランとして

  • 直葬
  • 火葬式
  • 一日葬
  • 家族葬
  • 一般葬

とあります。サイトでは、そこに追加でかかる料金等も記載されているので、一目で葬儀に必要なおおよその金額がわかるようになっています。
便利ですね。
終活ねっとは、提携しているメモリアルホールも多数あり、各施設での上記プラン葬儀の価格も簡単に調べることができます。
料金も全体的に安くでき、項目が明瞭なためとてもお値打ちで信頼できるサービスと言えます。

②24時間・年中無休で対応してくれる

お葬式の手配ですから、緊急でお願いすることもやはり出てきます。
それは日曜日のことも、深夜のこともあるでしょう。
終活ねっとは、24時間年中無休で対応をしてくれます。

③お坊さんの手配ができる

お坊さんの手配!?
そうです、お坊さんの手配です。
地方であれば地元の檀家制度が強く残っているので必要ないかもしれませんが、都市部などお寺との結びつきが少ないことも多々あるでしょう。
また「近くのあのお坊さんは..ちょっと...」
ということもあるかもしれません。
そんな時に、その場だけ(希望があれば、法要等続けて)のお付き合いで、お坊さんを派遣してくれるサービスがあります。
また終活ねっとでのお坊さんとのお付き合いは「お車代」や「お心づけ」などのややこしい風習もなく、定額制になっているのもありがたいですよね。
さらに「僧籍」はしっかりと確認されているということなので、戒名の授与も可能ですし安心してお願いできます。

④お墓も探せる

終活ねっとは、お墓も探せます。
お墓を1区画の価格まで確認できるので、終末期の手配をはじめから、最後まで行うことができます。

「終活ねっと」を利用するデメリットは?

①同業他社に実績や提携葬儀場等の数で劣っている

終活ねっとは、葬儀場仲介サービスとしてはまだまだ若い会社です。
そのためどうしても実績が少なく、また提携先が相対的に見て少なくなってしまいます。

終活ねっと約2000
イオンのお葬式約4000
小さなお葬式約4000
提携葬儀場数比較

②提携葬儀場が近くにないことも

①にもある通り提携葬儀場が相対的に見てまだ少ないのが現状です。
そのため、自宅から最も近い式場で行おうと考えていても提携されておらず、終活ねっとのサービスは受けられないということも出てきます。

「終活ねっと」ってどんな会社 ?まとめ

終活ねっとは新しい形の葬儀の手配、葬儀場と利用者を結ぶ仲介業と言えるでしょう。
一方で大手同業他社もどんどん増えており、まだまだ若い会社なのでサービスが行き渡っていないというのも現実です。
しかし終活ねっとはベンチャー企業として創業し、DMMというまったく別ジャンルの会社のグループになりました。
DMMはゲーム・金融・プロ野球などジャンルを問わず進出し成功をしてきています。
その文化とノウハウを活かしてまた新たな風をふかしてくれるとも考えられます。
これからの終活ねっとを楽しみに、期待してみましょう。


終活ガイド認定証
このブログは、終活ガイドを取得したオトカツが、みなさんと一緒にブラッシュアップするためのものです。


画像をクリック! ランキングに点数が入り、筆者が大喜びします。よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ