デジタル終活の新しい方法!secbo知らないの?サービスについて解説します

デジタル終活の新しい方法!secbo知らないの?サービスについて解説します
PVアクセスランキング にほんブログ村

デジタル終活にsecboとは 0085

近年、終活に関心を持ち、終活を始める人が増えてきました。
終活で忘れがちなことが、Cやスマホなどデジタル機器のデータなどの整理です。
デジタル機器のデータなどは、パスワードなどで保護されていて、本人以外が確認することが容易ではありません。
亡くなった後に、家族などでは確認できないことがほとんどなんです。

そこで、生前からデジタル機器データなど「デジタル終活」もやってみましょう。
今回はデジタル終活に便利な「Secbo」をご紹介します。

こんにちわ終活ガイドの宮崎です。

このブログでは、終活ガイドとしての私が、みなさんと学びながら、知識や情報を共有していきます。

「終活ガイド」とは、一般社団法人終活協議会が認定する専門資格です。終活に必要な知識と情報を身に付けることで、終活の専門家として地域の相談や困りごとに対応できるようになります。

Twitterではタイムリなーな情報もお知らせています。
https://twitter.com/BlogShukatsu

デジタル情報は死後だれが整理するの?

デジタル終活とは

PCやスマホなどの保存データなどを整理しておき、死後家族がデータを確認できるようにしておくことです。
デジタル機器はほとんどがパスワードなどで管理されています。
持ち主が亡くなった後に残されたデジタル機器を、「デジタル遺品」と呼びます。

デジタル遺品とは

デジタル遺品とはどんなものを指すのでしょうか。

  • パソコン、スマホ、タブレット、デジタルカメラ、USBメモリ
  • 写真や動画のファイル、住所録など
  • FacebookやTwitterなどのアカウント
  • ネットバンクの口座やパスワード  など

これらのデジタル遺品は、指紋承認や顔認識でしかパスワード解除できないこともあります。
個人情報の保護としては十分な機能ですが、これが亡くなった後となると厄介な存在になるのです。
指紋承認も顔認識もどちらも亡くなった本人でしか対応できません。
解除できたとしても、何をどのように使っていたか分からなければ、データや情報を確認することができないのです。

息子を失ったある家族の出来事 亡くなった家族のApple IDやGoogleアカウントは引き継げるか

遺族にとってもかけがえのないデータがロックのかかった故人のスマートフォンやクラウドサービスに残されているとき、残された側は何ができるのだろうか? 突然の不幸で子どもを失ったある夫婦は、悲しみの中、子どもの作品を守りたいとサポートに訴えた。その結果、故人のApple IDを引き継ぐことができたという――。  2019年の夏、都内で一人暮らしをしている20代の男性が自室で突然死した。 …

デジタル機器で管理しているものは本人しか知らない、という場合がほとんどなので、口座や金融資産があったとしても確認できないことになりかねません。
IDやパスワード、使用していたサイトやアプリなどの情報を整理しておき、死後家族などが確認できるようにしておくことがデジタル終活になります。

眼鏡バッカス on Twitter: “デジタル終活をしました。数え切れないほどの家族写真。エコーショー10の壁紙にランダム再生するよう設定しました。そのままでは埋もれてしまう。家族団欒が盛り上がりますよ。子供の成長を改めて感じ、誰かのために生きることの終わりを強く感じました。 / Twitter”

デジタル終活をしました。数え切れないほどの家族写真。エコーショー10の壁紙にランダム再生するよう設定しました。そのままでは埋もれてしまう。家族団欒が盛り上がりますよ。子供の成長を改めて感じ、誰かのために生きることの終わりを強く感じました。

デジタル終活で、家族の絆が深まるというメリットもありますね

デジタル終活にSecboがあります

Secbo(セキュボ)」とは株式会社Digtus(ディグタス)が提供するデジタル終活サービスです。

デジタル遺品の整理をするデジタル終活 | Secbo

デジタル遺品の整理をする「デジタル終活」という言葉の認知度はとても低くほとんどの方が何の準備もしていないと思われます。大切なデータが残ってしまって困っている方はご相談ください。

Secboは、生前PCやスマホなどで管理していた情報を残しておくことと、それを確実に継承することができるサービスです。
もちろん、残しておきたくない情報は自動的に削除できるため、亡くなった人の宣言とプライバシーは守られます。

Secboの代表的な機能としては

  • パスワード管理
  • オンラインストレージ
  • 自分専用のID発行

パスワード管理がされることで、Webサイトのパスワードから銀行口座の暗証番号やネットバンクの振り込みパスワードなどを管理することが可能になります。

保存する情報はクライアント側で暗号化されるために情報漏洩の心配もありません。
文書ファイルや画像などのデジタル情報もクラウド上に保管ができます。
自分専用のIDが発行されるため、情報を共有しておきたい人などにIDを発行させておくことができます。

デジタル終活とは一体何をするのか分からない、などということもSecboであれば解決することが可能になります。
自分が管理しているデータなどが誰にも気づかれないでデジタル遺品になってしまうことがないように、生前から準備をしておくことが大事ですので、サイトをチェックしてみてはいかがでしょうか?

Secboのメリットとデメリット

Secboを活用することのメリット、デメリットを知っておきましょう。
なにしろ、Secboにほんとうにお世話になるのは、自分が亡くなったあとですからね。

メリット

  • データを一括管理することができる
  • 生前にデータ管理をお願いしたい相手などにIDを発行しておき、Secboを利用してもらえる
  • デジタル終活をしておかないと探すことができなかったデータを確認することが可能になる

デメリット

  • データを整理するまでが大変
  • 月額費用などが必要になる可能性がある

現在Secboは正式リリース前ですので無料で使用できますが、試用期間終了後に有料になる可能性もあるそうです。その時点で亡くなっていた場合(しかもSecboを利用していることが伝わっていない場合)などの対応について心配が残りますね。

デジタル終活にSecbo まとめ

デジタル終活サービス「Secbo」についてご紹介しました。

デジタル機器のデータを一括管理したい、死後に家族などが困ることや、見られたくないものまで見られてしまうなどということを防ぐためには便利なサービスになりますね。


終活ガイド認定証
このブログは、終活ガイドを取得したオトカツが、みなさんと一緒にブラッシュアップするためのものです。


画像をクリック! ランキングに点数が入り、筆者が大喜びします。よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ